おまかせテレワーク

オフィス←→自宅や別拠点を簡単接続!リモートVPNルーターZC1000

テレワークが導入しやすい業種は?生産性を上げるため今すぐ導入しよう

現代の日本では、「働き方改革」という言葉をよく耳にすると思います。

この働き方改革を実施する企業が増えて、日本の働き方は「副業OK」であったり「残業は無し」という劇的な変化を遂げました。

そして新型コロナウイルスが蔓延してからというもの、働き方はさらに変化していきました。それが「テレワーク」です。

テレワークは、在宅で仕事をできるという非常に魅力的な働き方ですが、全ての職種がテレワークを導入できるわけではありません。

ということで、今回は「テレワークの導入がしやすい業種は?生産性を上げるため今すぐ導入しよう」というテーマについて解説していきます。

テレワークの導入が比較的しやすい業種4選

では、ここからはテレワークの導入がしやすい職種について解説していきます。一体どのような業種がテレワークを導入しやすいのか?

それは以下のようになります。

1.エンジニア

2.Webライター

3.事務

4.カスタマーサポート

一つ一つ解説していきます。

1.エンジニア

テレワークの導入が比較的しやすい業種1つ目は、エンジニアです。

そもそもエンジニアというのは、「工学に関する専門的な知識やスキルを持った人材」のことを指すようです。最近では、インターネット関係のITの専門知識やスマホの知識を備えた「ITエンジニア」が急増しています。

エンジニアと一口に言っても様々な種類が存在します。

1つ目がシステムエンジニアです。

システムエンジニアは、コンピューターのシステムの開発を全般的に行うエンジニアです。

2つ目がインフラエンジニアです。

インフラエンジニアは、ネットワーク管理、クライアント端末の設定などをします。

他にもフロントエンドエンジニアやテストエンジニアなど多種多様なエンジニアが存在します。

エンジニアは、どれもネットワークを介してクライアントにサービスを提供するため、テレワークが導入しやすい業種です。一人で黙々と作業をする時間が多いためテレワークに向いています。

2.Webライター

テレワークが比較的導入しやすい業種2つ目は、Webライターです。

Webライターというのは、Webサイト上の文章を書く人です。紙媒体ではなくWeb上に存在するサイトの文章を執筆します。

最近ではSEOを意識したライティングやSNSでの集客をメインとしたライティングが求められています。ただ、全ての仕事にSEOを意識したライティングやSNSでの集客をメインとしたライティングが求められるのかというと、そうではありません。ネット広告に適する文章を執筆したり、YouTubeの原稿作成をしたりと時代と共に多様化をしている業種でもあります。

Webライターは、基本的に一人で黙々と作業をし、一人で仕事を終わらせることが可能なことからテレワークに最適な職種と言えます。またWebライターは成果物をクライアントに直接納品し、成果が出やすいことから人事評価がしやすいため、テレワークが積極的に導入されています。

3.事務

テレワークが比較的導入しやすい業種3つ目は、事務です。

事務は、社員をサポートしながら会社を支える仕事になります。主な仕事内容は、書類の作成・書類の整理・データ入力・電話対応になります。エンジニアと同じく一口に事務と言っても数多くの種類が存在します。

1つ目が営業事務です。

営業事務は、見積書や請求書の作成や発送を行い、営業員の全般的なサポートを行います。

2つ目が経理事務です。

経理事務は、経費の処理や会社の現金の出入りなどを管理する事務です。

3つ目が一般事務です。

会社のデータ入力や書類作成、郵便物発送などを行っています。

このように事務と言っても多くの種類が存在します。

このどれもが一人で作業をすることが可能であり、社員とやり取りが出来ればテレワークを導入することが可能なため、事務のテレワーク導入が少しずつではありますが増えています。また人事評価もしやすいため、これからもっとテレワークが導入されていくと思います。

4.カスタマーサポート

テレワークが比較的導入しやすい職種4つ目は、カスタマーサポートです。

カスタマーサポートとは、顧客からのお問い合わせやメール・電話などに対応をし、顧客が抱えている問題を解決したりクレームなどの処理や商品・サービスの使い方を説明します。

カスタマーサポートは、お問い合わせ対応というイメージがありますが、それだけではありません。カスタマーサポートと大まかに言っても、仕事内容はそれぞれ分かれています。

1つ目がお問い合わせ対応です。

これは先ほども説明した通り、クレームや商品・サービスの使い方を説明していく仕事です。

2つ目が顧客管理です。

顧客情報を管理し、同一顧客からのお問い合わせの重複を防ぎます。

3つ目がカスタマーサポート業務ナレッジの共有です。

社内サイトにFAQを作成し、顧客自らが問題を解決するような仕組みを作ったり、同じカスタマーサポーターである従業員のマニュアルを作ったりするという仕事内容です。

カスタマーサポートは、電話やメールなどで完結するため在宅で作業をすることが可能ですが、人事評価がしにくいのも事実です。

このように世の中には数多くの職種があり、テレワークが導入しやすい職種もあれば、導入しにくい職種もあります。

テレワークが導入しやすい業種の企業はどうすればいい?

テレワークが導入しやすい業種について理解して頂いたと思います。では実際にテレワークを導入するにはどうすれば良いのか?と疑問に思いますよね。そんな時は当社「おまかせテレワーク」までご相談くださればいつでも対応を致します。

※2021年6月時点でテレワーク申請で助成金がもらえます。詳しくは右下のチャット画面、もしくはこちらからお問い合わせください。

では下記ではテレワークに向いている仕事の共通点を紹介していきます。このテレワークに向いている仕事の共通点に当てはまっているのであれば、テレワークが導入できる可能性が非常に高いです。

テレワークに向いている仕事の共通点

では、ここからはテレワークに向いている仕事の共通点を紹介していきます。

テレワークに向いている仕事の共通点は以下のようになります。

1.成果が分かりやすい

2.自分一人だけでもやり遂げることができる

3.リモートでやり取りが出来る

4.セキュリティ対策がしっかり行われている

一つ一つご紹介していきます。

1.成果が分かりやすい

テレワークに向いている仕事の共通点1つ目は成果が分かりやすいことです。

成果が分かりやすい職種ほどテレワークに向いています。なぜかというと、仕事というのは成果が最も重要であり評価するための重要な判断材料になるからです。

しかし、このような成果が分かりにくいと人事評価がしにくいため、成果が分かりにくい職種はテレワークが導入される可能性は低いです。

2.自分1人だけでもやり遂げることができる

テレワークに向いている仕事の共通点2つ目は、自分一人だけでもやり遂げることができる仕事です。

周りとの協力が必要な仕事をテレワークにしてしまうと大きなミスが発生しかねないので、テレワークには向いていません。

しかし周りとの協力が不要で、自分一人だけでもやり遂げることが出来る仕事であれば、大きなミスは比較的少なく、コミュニケーショントラブルも発生しにくいです。自分一人だけでもやり遂げることができる仕事といえば、WebライターやWebデザイナーが挙げられます。

3.リモートでやり取りが出来る

テレワークに向いている仕事の共通点3つ目は「リモートでやり取りが出来ること」です。

リモートでやり取りが出来る職種はテレワークに向いています。なぜか?それは、テレワークになると個人作業が増えるからです。

個人作業が増え、仕事の進捗状況を自分一人しか把握していない状態だと、会社としても困りますし、何よりも共同で業務を進めている社員が一番困ります。

「この仕事任せたいけど、あの人の仕事の進捗状況が分からないから仕事を任せられないな~」という状態や、「仕事内容の変更を伝えられない」という状態に陥ってしまいます。

そのため、リモートでやり取りが出来る職種がテレワークに向いているのです。

4.セキュリティ対策がしっかり行われている

テレワークに向いている仕事の共通点4つ目は「セキュリティ対策がしっかり行われていること」です。

やはりテレワークは、ネットを介してやり取りを行うためセキュリティ対策がしっかり行われている必要があります。

もしセキュリティ対策が行われておらず、会社の情報や個人情報が漏洩させてしまうと顧客へ損害を与えてしまったり、法的にペナルティを課されてしまう場合があります。

なので、テレワークに向いている仕事はセキュリティ対策が万全の仕事になります。

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回はテレワークが導入しやすい業種について解説していきました。

現在の新型コロナウイルスが蔓延している日本では、様々な業種がテレワークを導入していくと思いますが、その中でも比較的テレワークを導入しやすい業種について紹介しました。

紹介した内容は以下のようになります。

比較的テレワークが導入しやすい職種

1.エンジニア

2.Webライター

3.事務

4.カスタマーサポート

以上が比較的テレワークが導入しやすい職種になります。

テレワークが導入しやすい職種の共通点というのは以下であります。

テレワークが導入しやすい職種の共通点

1.成果が分かりやすい

2.自分一人だけでもやり遂げることができる

3.リモートでやり取りが出来る

4.セキュリティ対策がしっかり行われている

これらのどれか一つにでもあなたの職種が当てはまっていれば、あなたの仕事もテレワークが導入できる可能性が高いです。

お問い合わせ

機器に詳しい営業がご案内致しますが、お待たせしたり、無理なセールストークは致しません。

ご検討中のソフトや機器 コンサルティング無料!
2021.10.14
テレワーク活用法テレワークできるのにしない会社が存在する…今すぐ見直すべき古い考え方!
2021.10.07
テレワーク活用法テレワークをする部屋がない…会社側が社員にすべきことは?
2021.10.01
テレワーク活用法企業のテレワーク化で管理職に求められる新たなスキルとは?
2021.09.21
助成金テレワークの電気代は社員が負担?その前に助成金と非課税制度を活用しよう
2021.09.17
テレワーク活用法テレワークでのレンタルスペースの需要急増!レンタルスペースの良さとは
2021.09.10
テレワーク活用法テレワークの服装は普段着でもいい?生産性を保つために重要なポイント
2021.09.03
テレワーク活用法テレワーク太りは企業で対策を!社員の健康と生産性アップのポイント
2021.08.26
コラムテレワークで起業ができる!今おすすめな理由とテレワーク型企業に向いている職業
2021.08.23
お知らせ【おさらい】テレワークで生産性を高めるためのポイント
2021.08.04
コラム【必見】テレワークで集中できないのはなぜ?3つの対策で解決できます
2021.07.28
コラムテレワークで「うつ病」?その原因と不調を防ぐための対策を紹介
2021.07.21
コラムテレワーク中のサボりを監視する方法を紹介・不正防止ツールで解決
2021.07.16
コラムテレワークはいつまで続く?コロナ後もテレワークを導入すべき理由とは
2021.07.12
コラム就活生8割がテレワーク勤務を希望!新卒採用にリモート導入は必須
2021.07.02
コラムテレワーク導入は自社で行わず専門業者に任せた方がいい理由
2021.06.30
コラム【必見】テレワークで働き方改革する方法を専門業者が解説
2021.06.25
コラムテレワークが導入しにくい業種は?それでも導入すべき理由とは
2021.06.18
お知らせテレワークが導入しやすい業種は?生産性を上げるため今すぐ導入しよう
2021.06.10
お知らせテレワーク移住で100万円の補助金!今の仕事は辞めなくてOK
2021.06.04
コラムテレワークが企業にもたらす3つの弊害とは?対策も解説!
2021.05.28
コラムテレワーク・リモートワーク・在宅勤務の違いは?これで完璧!
2021.05.21
助成金【無料診断】テレワーク導入で助成金がもらえるサポートをするサービス
2021.05.13
助成金<5/10受付開始>テレワーク定着促進助成金が申請受け付け中!
2021.05.07
商品ご紹介テレワークを簡単に導入するやり方を解説・VPN接続がオススメ
2021.04.28
商品ご紹介テレワーク中の情報漏えい対策はこれでOK!端末のログ確認も可能
2021.04.22
お知らせ【働き方改革】テレワークを導入する3つのメリットと導入方法を徹底解説
2021.04.14
商品ご紹介テレワーク時、会社PCで使用しているソフトはどうする?外から会社PCを簡単リモート操作!
2021.03.03
商品ご紹介どこでもオフィスに早変わり!?簡単リモートVPNルーター「ZC1000」のご紹介
2021.01.19
商品ご紹介複雑な設定不要!簡単スタート在宅勤務パッケージ
2020.12.21
お知らせ年末年始の営業について

記事一覧

当社は、PC・ネット回線・ビジホン・コピー機等のオフィス機器をはじめ、オフィス移転やレイアウト等の総合的なご相談も承っている町田の会社です。

公式ページ(外部サイト)

ページトップへ