おまかせテレワーク

オフィス←→自宅や別拠点を簡単接続!リモートVPNルーターZC1000

テレワークが導入しにくい業種は?それでも導入すべき理由とは

現在の日本は新型コロナウイルスの影響で「テレワーク」の導入が増えています。従来であれば出社して業務を行うことが当たり前とされてきた事務やカスタマーサポートなどもテレワークの導入がされつつあります。

大手企業であればカスタマーサポートにテレワークの導入を行っていることもあります。このように新型コロナウイルスの影響でテレワークの導入が増えている世の中ですが、それとは裏腹にテレワークの導入がしにくい業種が存在します。

ということで今回は、「テレワークが導入しにくい業種は?それでも導入すべき理由とは」というテーマについて解説していきます。

テレワークが導入しにくい業種4選

ここからは、テレワークが導入しにくい業種について紹介します。テレワークが導入しにくい業種は以下のようになります。

1.接客・販売業

2.生産・製造業

3.医療業

4.公務員

1つ1つ紹介していきます。

1.接客・販売業

テレワークが導入しにくい業種1つ目は、接客・販売業です。なぜかというと、顧客との直接的なコミュニケーションが重要になってくるからです。

コンビニやスーパーがその一例です。顧客が実店舗へと来店し、商品を手に取りレジへ運んでくる。この動作は、オフラインでのみ可能な動作であり、テレワークでは到底真似のしようがありません。スーパーも同様で、顧客が商品を見て回るという動作をテレワークでは出来ません。

確かに、店員の人数は減り、自動レジが増えてきましたがそれでもテレワークを導入しようとするのには多くの時間を要します。オンラインショップであれば、テレワークを導入するのは容易いことですが、実店舗にテレワークを導入するのはかなり難しいです。

2.生産・製造業

テレワークが導入しにくい業種2つ目は、生産・製造業です。なぜか?それは生産や製造には専用の機器であったり、大きな敷地が必要になるからです。そして他にも、大人数での作業が多いのと、パソコン一つで作業が不可能ということで生産・製造業にはテレワークを導入するのは難しいです。

少量で小さな商品の生産・製造であればテレワークを導入するのは不可能ではありません。専用の機器を自宅に配置し、少しずつ生産していくというやり方でテレワークを導入していくことも可能です。

しかし、大量の商品を生産・製造しようとするのであれば話は別です。大きな敷地や装置が必要になるので、今のところテレワークの導入がしにくいのが現状です。

3.医療業

テレワークが導入しにくい業種3つ目は医療業です。

医療を受ける患者などの治療や診察は、実際に会ってその人の様子を見ることによって「どの部位が悪いのか」や、「どこを治療した方が良いのか」を知ることが出来ます。

確かに遠距離からビデオ通話などを通じて患者を診察する方法もありますが、実際に対面で診察するよりも細かく診察が出来ずに大きな疾病を見過ごし、医療ミスにつながりかねない可能性があります。だから医療業はテレワークが導入しにくいのです。

4.公務員

テレワークが導入しにくい業種4つ目は、公務員です。

働く場所が限られる公務員にはテレワークの導入が難しいです。

特に警察官や消防士などは突発的な事件で駆けつけることが多いため、テレワークの導入をしてしまうと多くの犠牲が出てしまう可能性があります。以上の理由から公務員はテレワークが導入しにくいです。

これらの業種がテレワークを導入することで得られるメリット

では、上記で紹介した業種にテレワークを導入することで得られるメリットはあるのか?

結論から言うとあります。テレワークを導入することで得られるメリットは以下のようになります。

1.コスト削減

2.人材の確保

3.BCPを実行できる

一つ一つ紹介していきます。

1.コスト削減

上記で紹介した「接客・販売業」「生産・製造業」「医療業」「公務員」の業種がテレワークを導入することで得られるメリットは、コスト削減になります。

オフィスや通勤などをなくすことで生産性の向上だけでなく出勤者を減らすことでオフィスを縮小することが出来、賃料コストの削減が可能です。

また必要最低限の電力・水道費しか支払わなくて良いため、そちらのコスト削減も見込めます。

2.人材の確保

テレワークを導入すれば人材の確保が捗ります。なぜかというと、働く場所が自宅で良いため、県外からの方をも採用できるようになるからです。

極端な例を言えばアメリカに住んでいる優秀なカスタマサポーターを、テレワークを利用して採用したりすることが出来るのです。

このように離れた地域に住んでいる優秀な人材を確保することも出来るようになります。

3.BCPを実行できる

テレワークを導入しにくい業種がテレワークを導入することで、BCPを実行できるというメリットを得られます。

そもそもBCPが何なのかというと、「非常時でも企業が事業を継続できる計画」のことです。

例えばテレワークを導入していなければ大きな災害が発生した場合に事業を中止しなければいけなくなりますが、テレワークを導入しておくことで事業を中止せずに再開することが可能になります。

これらの業種でもテレワークを導入することが可能

上記で紹介しました、「接客・販売業」「生産・製造業」「医療業」「公務員」と言ったテレワークを導入しにくい業種でもテレワークを導入することは可能です。

当サイト「おまかせテレワーク」では数々の業種にテレワーク環境を構築してきた実績から、テレワークが導入しにくい業種でも貴社の業種形態に合わせて柔軟にテレワーク環境を構築いたしますのでぜひお気軽にご相談ください。

テレワークが導入しにくい業種に共通すること

ここからは、テレワークが導入しにくい業種に共通することを紹介していきます。紹介する内容は以下のようになります。

1.成果が分かりにくい

2.大人数でないとやり遂げることができない

3.直接やり取りする必要がある

4.導入するメリットがない

一つ一つ詳しく紹介していきます。

1.成果が分かりにくい

成果が分かりにくい業種ほどテレワークが導入しにくい傾向にあります。

やはり企業というのは、常に成長していかなければなりません。企業の成長には当然、社員の成果が必要になります。しかし、この社員の成果が分かりにくくなってしまうと、人事評価がしづらくなってしまいます。

人事評価がしづらくなると、いつも仕事をサボってばかりの人を残し続けてしまい、仕事で成果を出している人を解雇してしまう可能性があります。

そうなると、会社には仕事をサボってしまう人しか残らなくなるので会社の生産性が悪化してしまうということにもなりかねません。なので、成果が分かりにくい業種はテレワークを導入しにくいのです。

2.大人数でないとやり遂げることができない

大人数でないとやり遂げることが出来ない業種ほどテレワークが導入しにくいです。なぜかというとテレワークは基本的に一人で仕事をするからです。

そのため大人数で業務を進行していく仕事に対してテレワークを導入した場合、進行が滞るため会社の売り上げは赤字になるでしょう。

このような理由から、大人数で業務を進めていく業種ほどテレワークが導入しづらいのです。

3.直接やり取りする必要がある

直接やり取りする必要がある業種はテレワークを導入しにくいです。これは先ほども紹介した、医療業や、福祉業が挙げられます。

医療業では、ビデオ通話を使用した遠距離診察というものを実験しましたが、診察精度が低下したため医療業のテレワークは廃止されました。

同じく福祉業も、ご年配の方の介護などをしなくてはいけないため、テレワークは導入できません。

このように直接やり取りする必要がある業種はテレワークを導入しにくい傾向にあります。

4.導入するメリットがない

テレワークを導入しにくい業種には導入するメリットがないという理由が挙げられます。

そもそもテレワークをなぜ導入すると思いますか?それは、多くのメリットがあり、生産性が向上するからです。例えば、カスタマーサポートにテレワークを導入することによって人件費を少しでも削り、生産性を上げられるというメリットがあります。

では先ほども紹介したコンビニはどうでしょうか?「生産性を上げる」の他にメリットがありますか?恐らくほとんどないと思います。

このような状態だとテレワークを導入したところで意味がないと判断し、テレワークを導入してくれません。そのため導入するメリットがない業種はテレワークを導入しにくいのです。

まとめ

いかがだったでしょうか?本記事では「テレワークが導入しにくい業種は?それでも導入すべき理由とは」というテーマについて解説していきました。

テレワーク導入は社員の満足度や生産性が上がるという調査結果があるため貴社もテレワークを導入することをオススメします。

【働き方改革】テレワークを導入する3つのメリットと導入方法を徹底解説

もし仮に本記事で紹介したテレワークを導入しにくい業種であったとしても「おまかせテレワーク」に任せて頂ければ貴社の業種形態に合わせて柔軟にテレワーク環境を構築いたしますので、ぜひお気軽にご相談ください。

お問い合わせ

機器に詳しい営業がご案内致しますが、お待たせしたり、無理なセールストークは致しません。

ご検討中のソフトや機器 コンサルティング無料!
2021.07.28
コラムテレワークで「うつ病」?その原因と不調を防ぐための対策を紹介
2021.07.21
コラムテレワーク中のサボりを監視する方法を紹介・不正防止ツールで解決
2021.07.16
コラムテレワークはいつまで続く?コロナ後もテレワークを導入すべき理由とは
2021.07.12
コラム就活生8割がテレワーク勤務を希望!新卒採用にリモート導入は必須
2021.07.02
コラムテレワーク導入は自社で行わず専門業者に任せた方がいい理由
2021.06.30
コラム【必見】テレワークで働き方改革する方法を専門業者が解説
2021.06.25
コラムテレワークが導入しにくい業種は?それでも導入すべき理由とは
2021.06.18
お知らせテレワークが導入しやすい業種は?生産性を上げるため今すぐ導入しよう
2021.06.10
お知らせテレワーク移住で100万円の補助金!今の仕事は辞めなくてOK
2021.06.04
コラムテレワークが企業にもたらす3つの弊害とは?対策も解説!
2021.05.28
コラムテレワーク・リモートワーク・在宅勤務の違いは?これで完璧!
2021.05.21
助成金【無料診断】テレワーク導入で助成金がもらえるサポートをするサービス
2021.05.13
助成金<5/10受付開始>テレワーク定着促進助成金が申請受け付け中!
2021.05.07
商品ご紹介テレワークを簡単に導入するやり方を解説・VPN接続がオススメ
2021.04.28
商品ご紹介テレワーク中の情報漏えい対策はこれでOK!端末のログ確認も可能
2021.04.22
お知らせ【働き方改革】テレワークを導入する3つのメリットと導入方法を徹底解説
2021.04.14
商品ご紹介テレワーク時、会社PCで使用しているソフトはどうする?外から会社PCを簡単リモート操作!
2021.03.03
商品ご紹介どこでもオフィスに早変わり!?簡単リモートVPNルーター「ZC1000」のご紹介
2021.01.19
商品ご紹介複雑な設定不要!簡単スタート在宅勤務パッケージ
2020.12.21
お知らせ年末年始の営業について
2020.12.16
商品ご紹介外出先でも効率良く作業ができるモバイルディスプレイのご紹介
2020.12.08
お知らせ助成金専門の社労士が社内環境の見直しまで!助成金コーディネートサービス
2020.11.27
助成金<12/25まで>テレワーク定着促進助成金が申請受け付け中!
2020.11.20
助成金<12/10まで>小規模事業者持続化補助金のお申し込み受付中です!
2020.11.12
お知らせチャットウィンドウを設置いたしました
2020.11.09
お知らせ記事を更新いたしました
2020.09.17
お知らせウェブサイトを公開いたしました

記事一覧

当社は、PC・ネット回線・ビジホン・コピー機等のオフィス機器をはじめ、オフィス移転やレイアウト等の総合的なご相談も承っている町田の会社です。

公式ページ(外部サイト)

ページトップへ